盗聴器・盗撮器の対策


『盗聴器・盗撮器とは』でいくつか例を挙げました。その中のいくつかの対策を列記します。簡単ですので試してみてください。


■ コンクリートマイク

この『コンクリートマイク』というのは、あまり馴染みがありませんが実際には、地面に埋まっている水道管の水の流れを確認するのに使用します。
このマイクを使用されると、住宅やアパートの外壁に設置されるだけで部屋の中の音がダダ漏れになります。そこにレコーダー等を繋げれば録音も可能です。
ステレオやテレビを壁際に置いて下さい。テレビの場合、音声出力はステレオに繋いで下さい。
それからスピーカーを壁に密着させて下さい。その上で常に音を出すようにすれば大丈夫です。


■コードレス電話

子機を使用する時は、周りに人が一杯いて聞かれないように話すのと同じように会話して下さい。『そんなことはできない』とおっしゃる方もいると思いますので、もう一つ。コードレス電話を盗聴している人は、親機の電波を傍受していますので、親機に付いているアンテナを縮めるか、寝かして下さい。何故かこうすると親機が出している受信電波の範囲が縮まります。これで普通に会話ができるのであれば、この状態をご使用下さい。
これだけでも他人に聞かれる可能性は低くなります。


■ 無線LAN

ご使用中の無線LANの説明書に従ってセキュリティをかけて下さい。これで当分は大丈夫です。
こうしている間にもセキュリティを解除する、暗号解読ソフトができていなければですが。
一番安全なのは、ケーブルを繋ぐことです。


■ ベビーモニター

これは簡単。ベビーモニターのある部屋に居る時は、電源を切って下さい。
これしか有りません。


■ デジタル盗聴器

現在最も効果的なのは携帯電話妨害機です。ただし、妨害機にもタイプがあり、FOMAやPHSに対応していないものがあること、また妨害しようとしている本人の電話も使用できなくなります。
マンションやアパートでは、近隣の住人がインターネットの接続を、モバイル方式にしていると通信トラブルになりますので、注意が必要です。

かつて携帯電話もPHSもアナログ式の受信機があれば傍受が可能でした。
今ではデジタル電波に全て変わりましたので全く聞けません。
携帯電話が盗聴されているというお客様がいらっしゃいますが、ほとんどの場合、近くに盗聴器が仕掛けられています。

もしあなたが、盗聴・盗撮されていると思ったら、その周辺を見回ってください。
大抵は近くに見たことが無い、不審車両が停まっています。アナログ盗聴・盗撮器の電波が飛ぶ距離は、
30〜300メートル程、それも障害物が無いことが条件です。
もし、不審な車両を見つけたら、ナンバーを控えてください。

まず怪しいと思ったら行動です。そして専門の会社にご相談下さい。


注) 当社では、盗聴器・盗撮器の発見を業務としております。
   盗聴器・盗撮器を第三者に仕掛けることはお断りしています。

問い合わせ
フリーダイヤル
0120-531-007
防犯カメラのことは何でもお電話でご相談下さい。
center メールでのご相談 right