騒音の基準とは


一般的に『騒音』とされるかどうかについては、平成10年に交付された環境庁の告示題64号(平成17年5年改正告示45号)
に具体的な基準値が定められています。
それによると住宅地では昼間の騒音は55デシベル以下、夜間の騒音は45デシベル以下とされています。


基準値


騒音の環境基準について。住宅地では昼間の基準値55デシベル以下、夜の基準値45デシベル以下。
2車線道路や幹線道路に面していると割り増しがある。(出典:環境庁ホームページ)

ところで、この『騒音の基準』とは何を元に決められているのか?
環境庁によると『生活環境を保全し、人の健康の保護に資する上で維持されることが望ましい基準(環境基準)』としています。
つまり、この基準値以上のうるささの元では『普通に生活していく上で不都合が生じたり、健康的な生活ができない恐れが生じる』
と考えてよいでしょう。

ここで使われている単位『デシベル』は『dB』とも表示され、通常は音圧つまり音の大きさを表しています。


騒音レベルの代表例

 

周囲条件による、騒音レベルの代表例を表しています。

騒音レベルの代表例

騒音の程度

騒音レベル

騒音の程度例

会話不可能

120dB

最大可聴値
航空機のエンジン近く
騒音の激しい地下鉄の駅

110dB

工場サイレンの近く

100dB

列車が通過する時の高架下
地下鉄車内、電車の駅

90dB

機械作業場、空調機械室、印刷工場内

会話困難

80dB

交差点、マーケット、国道

会話に少し大きな声が必要

70dB

劇場、百貨店、銀行のロビー、騒がしい事務所

楽に会話ができる

60dB

レストラン、大きな商店、ホテルのロビー
普通の会話
都市周辺住宅地、事務所内

50dB

劇場、映画館の観客のざわめき

40dB

一般の住宅(平均値)
静かな住宅地

30dB

郊外
ラジオ放送スタジオ

20dB

木の葉がすれ合う音

10dB

ささやき声

0dB

最小可聴値


問い合わせ
フリーダイヤル
0120-531-007
防犯カメラのことは何でもお電話でご相談下さい。
center メールでのご相談 right